レーザー治療が一般的

最近では美容皮膚科で行われるシミの改善はレーザー治療が一般的になっています。シミの原因は正しく排出されずに残ってしまうメラニン色素ですが、シミの種類によっても適切なレーザー機器の種類が変わってきます。そのシミに合ったレーザー機器で治療をする事が皮膚へのダメージを最小限に抑える事でもあります。

 

レーザー治療ではシミの元となるメラニン・メラニンを作り出すメラノサイトを改善する効果が期待できます。他のシミが無い肌部分、正常な細胞にはダメージを与えることなく部分皮膚の深い部分にあるメラニン色素だけを確実に取り除くには、レーザー治療が効果があります。レーザー治療であればシミを確実に、そして安全に改善できます。レーザー治療では照射するのは一瞬です。なので痛みも強くなく、一瞬のパチンとした痛さのみです。基本的には麻酔をせずに行われますが美容皮膚科によっては、痛みに弱い人には前もって貼る・塗る麻酔剤を使用する事もあります。

 

レーザーを照射した直後、その部分は膜をかぶせたように白くなります。そして少しずつ赤くなっていきます。白くなり赤くなるというのはレーザーを適切に照射できたという証でもあります。アフターケアとして術後は薬が処方されます。多くの美容皮膚科ではレーザー治療後の日焼けは避けるようにアドバイスされます。