Qスイッチルビーレーザーとは

幾つかのレーザー機器の中でもQスイッチルビーレーザーは厚生労働省に認可されている機器です。各メディア、雑誌でも紹介されていました。シミの治療以外にも外傷色素沈着やほくろ・タトゥーの除去などの治療にも使用されています。

 

Qスイッチルビーレーザーのルビーレーザー光は色素と正常組織の吸収に対してバランスの良い波長です。ヘモグロビンへの吸収も低いので血管への損害も与えないのも特徴です。多くの美容皮膚科で使われている機器でもあります。

 

Qスイッチルビーレーザーは美容皮膚科でのシミの治療をする中でも、人気の機器でもあります。人気の理由にQスイッチルビーレーザーの波長はシミの原因のメラニン色素に対して吸収が高く、シミの治療に最適だという点です。周辺組織への熱影響も少なくメラニン色素のみを集中的に破壊する事ができます。もう一つの理由は、リーズナブルな価格で治療を受けられるという点です。Qスイッチルビーレーザーでの治療後はレーザー直後の炎症を抑える為に患部にはテープを貼ります。3、4日すると少しずつかさぶたができてきます。7日もたつとテープを外す事ができテープを外して3か月はUVケアを徹底する事で新たなシミの再生を防ぐことが出来ます。

レーザー治療が一般的

最近では美容皮膚科で行われるシミの改善はレーザー治療が一般的になっています。シミの原因は正しく排出されずに残ってしまうメラニン色素ですが、シミの種類によっても適切なレーザー機器の種類が変わってきます。そのシミに合ったレーザー機器で治療をする事が皮膚へのダメージを最小限に抑える事でもあります。

 

レーザー治療ではシミの元となるメラニン・メラニンを作り出すメラノサイトを改善する効果が期待できます。他のシミが無い肌部分、正常な細胞にはダメージを与えることなく部分皮膚の深い部分にあるメラニン色素だけを確実に取り除くには、レーザー治療が効果があります。レーザー治療であればシミを確実に、そして安全に改善できます。レーザー治療では照射するのは一瞬です。なので痛みも強くなく、一瞬のパチンとした痛さのみです。基本的には麻酔をせずに行われますが美容皮膚科によっては、痛みに弱い人には前もって貼る・塗る麻酔剤を使用する事もあります。

 

レーザーを照射した直後、その部分は膜をかぶせたように白くなります。そして少しずつ赤くなっていきます。白くなり赤くなるというのはレーザーを適切に照射できたという証でもあります。アフターケアとして術後は薬が処方されます。多くの美容皮膚科ではレーザー治療後の日焼けは避けるようにアドバイスされます。

美容皮膚科でシミ改善

女性であれば特に気になるシミの悩み。シミ一つで顔の表情も変わってしまうので、なんとかしたいと悩むのは女性ならば自然な気持ちです。

 

けれどシミといっても、原因も出来ている部位も種類も違うし、年齢によってもシミの種類が違ってきます。自分のシミが今、どういう状態なのかを見極めて治療をする事が改善への一番の近道です。しかし自分でシミを見極めるのは、なかなか難しいです。けれど、ずっと悩んできたシミをなんとかしたい、と悩んだ時に、強い味方になってくれる存在が美容皮膚科です。美容皮膚科であれば専門の知識を持ったプロの方に相談、治療とする事ができるので安心感を持てて治療に専念できます。自分で行うシミに比べて美容皮膚科でなら根本から解決し改善してもらえます。

 

しかし美容皮膚科が普段から身近な存在という女性は少なく、最初はどんなことをするのかもわからないし、痛いのかどうかも不安、という方が多いでしょう。美容皮膚科への通院回数は、薄い・小さいシミであれば一回の治療で改善できるのが平均的です。

 

皮膚の内側にある層を真皮といいますが真皮まで達してしまったシミ・濃いシミの場合には複数に分けて通って治療するケースもあります。そして気になるのが、どんな治療方法なのかという点ですね。シミの箇所にレーザーを照射するとメラニン色素が反応をします。それによってシミの細胞を破壊できるレーザー治療が行われます。美容皮膚科でのシミの治療方法は、このレーザー治療が今では、ほとんどです。